コンテンツにスキップ
手のますかけ線が両手にある人は宝くじに当たりやすい?

手のますかけ線が両手にある人は宝くじに当たりやすい?

手相と宝くじ運との関係は?

宝くじ運を自分の手相で

見ることができるのをご存知でしょうか?

手相には、必ずと言っていいほど

「金運」が強い「宝くじ線」があります。

あなたの人生が「金運に恵まれているか」

「お金との縁があるか」に

つながることが示されている線です。

あなたの手のひらに「宝くじ線」が

刻まれているかをチェックしてみてください。


手相の線と宝くじ運

手相にあらわれる「金運」を

あらわしている「線」、その一つに

「ますかけ線」があります。

ますかけ線を見ることで「宝くじ」が

当たるかどうかをみることができますよ。

宝くじを購入するときは、

金運が高まっているときにしたいですよね。

手相は日々「変化」するものですので、

宝くじ運が気になっている場合は、

「ますかけ線」を

毎日チェックすることをお勧めします。

ただ、宝くじ運というだけではなく、

「金運の強さ」「金運の上昇」などから

「宝くじ運」を見ていく方法です。


手相のますかけ線にある金運

金運からの宝くじ運を

見る手相の一つが、「ますかけ線」です。

ますかけ線は、大強運に

恵まれる手相として有名で、

宝くじに当たりやすいとわれている手相です。

金運の高まりを意味しており、

「勝負運」が強く、一度つかんだ運を

手放さないという特徴をもっています。

手相のますかけ線をこまめにチェックしていると、

「宝くじ」に当たりやすい時期が

分かってきますので、見逃さないように!

手相のますかけ線と宝くじ運との関係や、

「高額当選」するときに見られる

「ますかけ線のタイプ」など知っておきましょう。


手相のますかけ線とは?

まず、ますかけ線について

理解しておいてくださいね。

別名、「天下取りの相」「百握り」

「猿線」とも言われている相で、

つかんだものは決して離さないとされています。

非常に強い運と頑固さ(我の強さ)が特徴的で、

何ごとも強く出過ぎることを示し、

波乱万丈で浮き沈みが

激しいことを意味しています。


ますかけ線は、生まれたときに

もっていることが多い線で、

年齢を追うごとに消えるとされていますが、

稀にそのまま残っていることがある珍しい手相です。


また、親子で

ますかけ線がある(遺伝)ことも多い手相です。


ますかけ線は手のどこにある?

「感情線」と「知能線」が一本に

繋がっているのがますかけ線です。

  1. 「感情線」:小指下から人差し指・中指の方向へ向かって伸びている線
  2. 「知能線」:人差し指と親指の付け根間から伸びる線

手のひらの端から端まで

一直線に伸びている線ですので、

判断しやすい線です。


(注意)

知能線が手のひらを横切るほどに長く伸びている相は「シドニー線」という相です。感情線と繋がっていない場合は、ますかけ線ではありません。



宝くじに当たりやすい両手にあるますかけ線にある意味

ますかけ線とは、宝くじが当たるような

「金運の強い」人がもっている手相です。

片手にあらわれるだけでも

珍しい手相ですので、

両手にますかけ線があるということは

非常に稀な強運の持ち主です。

両手にますかけ線があらわれることに

示されているのは、「人生において強運な時期」が

訪れていることを意味しています。

そんな「強運」な時期が宝くじ運においても

強運を示しています。

「ますかけ線」について、

左右の手にあらわれている際の

見方も交えてご紹介していきます。

あなたの「手相」に当てはまる「線」があるかを

チェックしてみてくださいね。


ますかけ線のパターンと宝くじ運の見方

宝くじ運を知りたい場合、

「今の状況」「今の金運の強さ」です。

宝くじを買うか買わないかを

手相から判断する方法です。

左右の手にますかけ線がある場合と、

両方にある違いをご紹介します。


【左右の手、両手にあるますかけ線が意味すること】

「右手(利き手)のますかけ線」

今現在、金運が上昇していることをあらわしています。

  1. 宝くじ購入のチャンス
  2. 高額当選のチャンス

「左手(利き手の逆)のますかけ線が意味すること」

右手にますかけ線がある場合に比べ

「慎重派」を意味しています。

生まれ持った「強運」が

あることを示しています。

  1. 思考をめぐらせながら達成していく
  2. 宝くじ購入をすれば、高額当選の時期がやってくる

生まれつき持っている「特徴」

「潜在的能力(隠れた才能)」や

「未来に発揮できること」などの運勢を表し、

「その人の人生全体」を

示していると考えることもできます。

「両手のますかけ線が意味すること」

両手にますかけ線がある持ち主は、

ますかけ線にある「強い幸運を呼び込む」

「早めの行動に運が」などが発揮され、

何より「宝くじ運よい」ことを意味しています。

勝負強さも持ち合わせていますので、

宝くじで大金を掴める可能性が高いです。

  1. 片方の手より「運勢が最強」に良い
  2. 運気の上昇

■左手にますかけ線があっても、

右手にますかけ線がない場合は、

「今現在の金運」がいいとはかぎらないのです。



強力な運をもち「宝くじ運」につながる「ますかけ線」のタイプ

ますかけ線が両手にあるからと言っても、

その線のタイプによって意味が変わってきます。

宝くじ運を見る場合、

「金運に恵まれる」ますかけ線の

タイプもチェックしておくといいですよ。

最強な宝くじ運につながる

「ますかけ線のタイプ」を覚えておいてください。


「生命線」「知能線」「感情線」が始点で重なっているますかけ線

このタイプのますかけ線は、

お金へのこだわりの強さを表しています。

そのため、他のますかけ線のタイプよりも

「お金儲け」に対する「勘」が優れている

傾向があることを意味しています。

このタイプのますかけ線が(両手に)

あらわれている人は、宝くじ運が最強ですので、

「高額当選」が期待できますよ。



両手にあれば運気も2倍!ますかけ線の手相

ますかけ線は、「不思議なエネルギー」を

秘めている手相です。

波乱万丈な人生を意味することもあり、

運命を共にするには扱いにくい手相でもあります。

ますかけ線に示されている「強運」を使うためには

  1. その力(強運)を信じること
  2. その力(幸運を呼び込む)を自分に使う

ことです。


両手にあらわれた「ますかけ線」の力を

信じることで、よりパワーアップできるということです。


■左手が意味する「持って生まれた運」と、

右手が意味する「今現在の運」が合わさって

「強運」であることで、

「宝くじ運」も最強となります。


宝くじに当たりやすい両手にあるますかけ線の意味

「金運に恵まれているか」

「お金との縁があるか」

ということに関しても、

まさに強運だと言えます。

両手にますかけ線をもっている場合、

金運に関して非常に

恵まれているということになります。

勿論、「金運の強さ」「金運の上昇」

などから「宝くじ運」も最強です。

片手にますかけ線が

あらわれている人に比べ、

「運気も2倍」になっている

という見方になります。

「宝くじが当たる可能性」が高いということです。


非凡な人生を歩むことができる、

とされている「ますかけ線」です。

両手にあることで

  1. 幸運をどんどん引き寄せることができる
  2. 高確率で金運に恵まれる
  3. 宝くじを購入することで「高額当選」が期待できる

このように解釈できます。



手のますかけ線が両手にある人は宝くじに当たりやすい?まとめ

手のますかけ線が両手にある人は、

幸運を呼び込む力が強く備わっています。

とても珍しい手相とされている

「ますかけ線」が、

両手にあるということは、

この手相の持ち主は、

「かなりの幸運な人生」の可能性が高いことを意味しています。


強力な運気に加え、

「両手にあらわれている」という意味を

理解すれば、この手相の持ち主は、

「ご自分の強運」に自信をもっていいということです。


ご自身だけでなく、ご家族や友人、

パートナーの手相にあらわれていないか

チェックしてみてください。


両手にますかけ線があらわれている人は、

「宝くじ購入」をおすすめします。

ご自分の強運を確かめてみてくださいね。

前の記事 手相にますかけ線がある有名人や芸能人は?
次の記事 手相の生命線で寿命がわかるのはホント?