コンテンツにスキップ
手相にますかけ線がダブルである人は運勢がヤバい!

手相にますかけ線がダブルである人は運勢がヤバい!

手相の占い師でも滅多に見ないダブルであるますかけ線とは?

世の中には、凄い手相をもつ人も存在し、

滅多に見られない「ますかけ線」を

ダブルでもつ人がいます。

このダブルますかけ線とは、

「ますかけ線」にある運気が

「2倍になるどころではない」と

言われているほどの「強運」の持ち主です。


ダブルますかけ線について

ダブルますかけ線は、手相の本などでも

紹介されていないことが多く、

「ほとんど見かけない」レアな相です。


ダブルますかけ線をお持ちの方は、

ご自分の手相を見ながら、

手相の本や手相のサイトなど、

「何を見ても見当たらない」

ということもあると思われます。

「自分の手相が存在しない?」

と言った声もあるほどです。


そんなレアな手相である

「ダブルのますかけ線」について

ご紹介いたします。

今まで知りたくても分からなかった手相

「ダブルますかけ線」を、

是非チェックしてみてください。



手相のますかけ線とは?

まず、手相のますかけ線から

理解してほしいと思います。

別名、「天下取りの相」

「百握り」「猿線」とも言われている相で、

つかんだものは決して離さないとされています。

非常に強い運と頑固さ(我の強さ)が

特徴的で、何ごとも強く出過ぎることを示し、

波乱万丈で浮き沈みが

激しいことも意味しています。


ますかけ線は、生まれたときに

もっていることが多い線で、

年齢を追うごとに消えるとされていますが、

稀にそのまま残っていることがある

珍しい手相です。

ますかけ線をダブルでもっている人は、

そんな珍しい線がダブルであるということです。


また、親子で

ますかけ線があること(遺伝)も多い手相です。


手のひらに、この「ますかけ線」が

あらわれていることだけでも珍しく

「強運」な持ち主です。


ますかけ線は手のどこにある?

「感情線」と「知能線」が一本に

繋がっているのがますかけ線です。

「感情線」:小指下から人差し指・中指の方向へ向かって伸びている線

「知能線」:人差し指と親指の付け根間から伸びる線

手のひらの端から端まで一直線に

伸びている線ですので、

判断しやすい線です。


(注意)

知能線が手のひらを横切るほどに

長く伸びている相は

「シドニー線」という相です。

感情線と繋がっていない場合は、

ますかけ線ではありません。


また、手相の見方によっては、

ますかけ線だと思っていたけれど

「そうではなかった」という線もあります。



ほとんど見ることがないレアなダブルますかけ線とは?

非常に珍しい手相「ダブルますかけ線」には、

いろいろなポイントがあります。

男性にあらわれることが多いと

言われている相ですが、

女性にも「ダブルますかけ線」は見られます。

めったにない「能力の強さ」などが、

まず考えられる相です。


ますかけ線がダブルである人とはどんな強運の持ち主?

ますかけ線がダブルである人は

  1. 自分がやりたいことを遂行することで運気が爆発的にアップする
  2. 枠にはまらない生き方をする人

ということをあらわしている相です。


自分自身のやりたいことを優先する生き方が、

重要なことを示しており、

そうすることで周りに

「有能な人が自然と集まってくる」

という強運をもっています。

あなたが「やっていること」や、

これから「やっていきたいこと」に対しての

「理解者」も多くなります。


ますかけ線がダブルである人が真逆な生き方をすると運は使えていない?

せっかくある「ダブルますかけ線」が、

逆な意味につながってしまうこともあります。

  1. 枠におさまるような生き方をしている
  2. 平凡でいることを常に考えている

このような場合、ますかけ線が

ダブルであっても、その

「強運」は全く生かされないことになります。

自分にある「強運な生き方」の

真逆をしているということです。


ダブルますかけ線があらわれている人の場合、

運が開くように前進することが大切でもあります。


ますかけ線がダブルである人にあるそれぞれの違い

ますかけ線がダブルである人の場合、

一般的なますかけ線にもあるように

「男性と女性」や「右手と左手」

「両手」にあるパターンで、

意味も変わってきます。

あなたのますかけ線がダブルである場合、

どれにあてはまるかもわかっておくと、

理解しやすくなりますよ。


ますかけ線がダブルであるのは「左右」どちらの手?

人は、生まれながら持っていることが

異なりますが、それと同様に生まれてからの

経験も重要なもので、そのことが

示されているのが「左右」にある手相です。

ですので、両方にある違いを

理解することが必要になってきます。


左右の手にある手相には

【潜在的なもの】

外からは見えない状態で存在する

顕在的(けんざいてき)なもの】

潜在的に対するもので、

隠れておらず明確になっている、

あらわになっている


言い換えると潜在的なものというのは

「後天的」であり、顕在的なものが

「先天的」ということになります。


左手には、「先天的(潜在的)」なことが

示されており、右手には、

「後天的(顕在的)」なものが

示されているという見方になります。


手相における左手と右手の違い

【左手の手相】

  1. 「先天的」な運勢
  2. あなたの「先天的」な性格
  3. 右脳からの影響が強くあらわれる

あなたが、もともともっている運勢が

手相に出るということになります。

あなたの感覚や感性に関わることが司れる

とされています。


【右手の手相】

  1. 「後天的」な運勢
  2. あなたの「後天的」な性格
  3. 左脳的からの影響が強くあらわれる

あなたが、今現在もっている運勢が

手相に出るということになります。

思考の順序、論理的な考えが司れる

とされています。


【両手にある場合】

両方にある人は、

ますかけ線のもつ意味(相にある特徴)

そのものを行く人生となります。

(両方にあることで)その意味も

2倍になることから、

自分の判断を信じて貫き通す力にも

強さがあるため、波乱万丈な人生であっても、

途中で自信がなくなるということにはなりません。

両方にあらわれている

「ますかけ線」の強みです!


片方の手にある人より

  1. 「苦悩」することが少ない
  2. 精神的にも安定する
  3. 運勢も2倍
  4. その人がもっている「努力」「根性」を生かすことが出来る

このような見方になります。


目標がある人は、どんどん挑戦をすることで、

両手にあるますかけ線の強い運が

「後押し」してくれます。


ますかけ線がダブルである人は可能性をうまく活かす生き方が良い

それぞれに異なる意味が

含まれている「線」を理解することで

  1. 慎重に考えながら進んでいく
  2. 世間一般にある価値観や知識を知っておく

ということが、この相にある「強運」や

「成功」、「幸運」につながります。

ますかけ線がダブルであることの強運を

発揮する「ヒント」としてつなげていってください。


才能に優れすぎることで、

「裏を読み過ぎない」ように

心がけていてくださいね。



手相にますかけ線がダブルである人は運勢がヤバい!まとめ

一般的に見られる「ますかけ線」と同様に、

ますかけ線がダブルである人の場合、

その相を使わなければせっかくある

「強運」が発揮されません。

また、「線」がくっきりと

あらわれているときが

「活躍の時期」を意味していますので、

見逃さないようにしましょう。

本来であれば「チャンス」が

舞い込んでいるにもかかわらず、

自信のなさや「線」に

気付いていなかったことから、

幸運を逃してしまうこともあります。


ますかけ線がダブルで

あらわれているのであれば、

運気は自然と上昇し、

飛躍が待っています。

自身のなさは、手放しましょう。

手相は、日々変化するものです。

希少なダブルますかけ線に気付き、

線が消えてしまわないように、

行動にうつし前向きに進んでください。


「幸せ」や「成功」には、

様々な価値観があります。

あなたがもっている「最強な運」への可能性を

うまく活かしてくださいね。

前の記事 手相の変形ますかけ線とは?天下取りの線だった?
次の記事 手相にますかけ線がある確率ってどれくらい?