コンテンツにスキップ
手相で分かる!二股する結婚線の特徴とは

手相で分かる!二股する結婚線の特徴とは

手相の結婚線とは?

結婚線とは、あなたのこれからの

「結婚」「恋愛」にとって

大切になる手相となります。


常に気をつけて見ていると、

自分にとっての「良い縁や結婚運」が

近づいていることに気付きながら、

ずっと同じではなく変化していることにも気づけます。


結婚線は手のどこにある?

手相で見る結婚線は、手を横から見たときに

小指の側面下にある線です。

感情線の位置を確認すると、

小指との間の横に入っているのが「結婚線」です。


結婚線の薄さや濃さ、長さ、位置や本数は

人によって様々で、

結婚線が二股に分かれているという人もいます。



二股する結婚線にある特徴


二股する結婚線にある特徴は、

線の状態が大きく影響するのですが

  1. 最初のうちの2人の関係性はとても仲睦まじい
  2. 生涯、最高のパートナーと感じる
  3. 相手が魅力的に感じる
  4. 価値観の違いも許せる

一緒の時間が長くなるにつれ

  1. 相手の嫌なことばかり目につくようになる
  2. 最初にもっていた違和感が許せなくなる
  3. 喧嘩がふえる
  4. 耐え切れなくなる

二股に分かれている線の距離が近い場合

少しのわだかまりから、

今の2人に距離が

できていることを示しています。

このような場合、

別居や離婚へのリスクはそれほどなく、

長引かずに解決することになります。

ただ、お互いが「考える時間」が

必要になりますので、

「距離を置く」という選択が大切です。

その後、2人にとって良い流れに変わります。


他には

  1. 相手の転勤などによって「一時的な別れ」という距離をあらわすこともあります。
  2. 2人の関係が良いという場合には、「死別」という意味でもあらわれます。

二股に分かれている線の距離が離れている場合

このような場合、結婚後の2人の距離も

それだけの距離があることを意味しています。

結婚生活が長くなるにつれ、

相手への愛情が薄れていくことから、

幸せを感じなくなっていくことの暗示です。

線の幅が離れているほど、

その「傾向が強い」ことを意味しています。

心の離れている距離をあらわしており、

2人の距離は考えているよりも

離れてしまっていることを

意味していますので、

「別れ」「離婚」を深刻に

暗示している線です。

「結婚としての運が低迷」

しているあらわれの「線」ですので、

2人の間で行き違いが多く見られます。

別居や離婚へのリスクがとても高いです。


線が二股などに枝分かれた手相が意味すること

結婚線が枝分かれしているのを見ると

「なんとなく不安」「悪いイメージ」

「嫌なことが起きる」などと

想像される場合が多いです。

実際に、手相の線が二股などに

分かれているのは、

あまりよい意味ではないのですが、

ただ悪いという意味だけではありません。

結婚後に「別居」や「離婚」

ということになるという可能性があり、

「二股」に枝分かれしている手相の線の距離が、

結婚後の2人の距離をあらわしています。

枝分かれしている線のタイプによって

手相が意味することを知っておきましょう。

結婚線の先端が二股に分かれている

先端が二股に分かれている場合、

今現在2人の「気持ちが離れている」

「別々の方向に向かっている」

ということを意味しています。

この線にある特徴として、

何に対しても

「白黒をつけたがる」人に

出やすいと言えます。


結婚線の根本が二股に分かれている

根本が二股に分かれている場合、

2人にとって

「乗り越える障害がある」

ことを暗示しています。

例えば、

  1. 周囲からの反対
  2. 家柄の違い
  3. 国際結婚

普通の結婚に比べ、

ハードルの高い困難があることを意味しています。


【最終的には1本につながる真っ直ぐな線】

最終的につながり、

真っ直ぐに伸びているのであれば、

2人が困難を乗り越えることで

「結婚」につながり

「絆」が深まるという意味の線です。


【二股に分かれた線が上向き】

この場合は

  1. 精神的な安定
  2. 家庭と仕事の両立
  3. 子宝に恵まれる

となり、これまでの困難が報われ

「生活の充実」が感じられ

大きな幸せにつながることを示しています。

2人の絆を「過信」してしまうと

「上向きの線が下がってくる」ことがあります。


【二股に分かれた線が下向き】

こちらの場合、

  1. これまで順調だったことが「行き違い」となってくる
  2. 相手を責める
  3. 相手への理解が出来なくなる
  4. 「言った」「言わない」の口論

家庭内別居や仮面夫婦の可能性につながります。


2人のどちらかが、「仕事優先」となり

「家庭をおろそか」にしていることも示しています。

お互いを理解する心をもち、

家庭(2人の時間)を大切にすることで、

「下向きになっている線が上向き」になってきます。

 

結婚線が三股以上に分かれている

結婚線が三股以上に

分かれているという手相の場合、

二股に分かれている場合と同じように

「別居」や「離婚」の可能性の

リスクが高いことを意味しています。

その原因は、自分自身にある可能性が高いです。

  1. 結婚(恋愛)での生活に疲れている。
  2. 相手への愛情が冷めている

未婚の人の場合

「恋愛」といったことに対する意識が

薄れていることを意味しています。


【二股に分かれている線から他の線が出ている意味】

あなたに、新しい出会いが

あることを暗示しています。

今後、結婚につながるような

新たな出会いをあらわしています。


また、「復縁」をして

結婚するという場合でもあらわれます。


手相が二股に分かれているけれど未婚の場合は?

未婚の人の場合が意味することは、

  1. 2人の関係性を「結婚」として深く捉えていない
  2. 「恋愛対象」としての気持ちが強い

結婚を意識できていないという状態です。


付き合っている人がいるなら別れの暗示

現在、お付き合いされている人がいるなら、

2人に何らかの原因から

問題が起こることを意味しています。

どちらかが、相手よりも

「自分優先」な気持ちを

もっていることがあらわれていますので

  1. 他の異性への目移り
  2. 恋愛に関して飽きっぽくなっている

2人の「恋愛状態」が

長続きしないことにつながります。


結婚を考えているなら時期が早い暗示

2人が結婚を考えているのであれば、

タイミングとして

「時期が違う」ことを意味しています。

  1. 相手の嫌な面が目立つ
  2. 結婚までは至らない

この線が見られるときには、

問題をそのままにして

進んでしまうことはやめましょう。

今はまだ「結婚をする」

タイミングではないということを

示していますので、

2人にある問題を「どう理解する」かを、

話し合いながら「今後を考える時期」です。


彼氏がいない場合、手相が変わらないうちはうまくいかない可能性大

彼氏がいない場合であれば、

二股に分かれている線があるときに

出会う異性とは「恋愛」「結婚」を

考えられない相手を意味しています。

出会ってお付き合いをしたとしても、

何らかの問題や障害があり、

長続きしない可能性があります。

自らそのような時期に

相手を選ばないようにしましょう。


手相でわかる!二股する結婚線の特徴とはまとめ

基本的には、二股する結婚線が

見られる場合にある意味は、

「気持ちが離れている」

「愛情が冷めている」ことからの、

別れや離婚です。

そのようになる状態を

回避したいのであれば、

相手に合わせる考え方ではなく、

2人の妥協点も大切にしましょう。

未婚の人の場合は、

線にある意味合いを

「結婚」へつなげるのではなく

「恋愛」につなげていくと

解釈しやすくなります。


どちらであっても、

相手を理解する気持ちを

大切にもち改善することで、

「別れ」「離婚」は避けることができます。


あなたの相手を思いやる気持ちが

強くなると、二股する結婚線にも

変化があらわれますよ。

心配することよりも、

お互いを理解できるように

「前に」進んでください。

前の記事 右手の手相にほくろがある人はどんな運勢?
次の記事 手相に二重の感情線がある人は?