コンテンツにスキップ
手相のあげまん線が4本ある人は最強?

手相のあげまん線が4本ある人は最強?

手相のあげまん線とは?

手相のあげまん線とは、

女性が男性の運気を好転させる、

「運気アップ」につながる手相のことです。

恋愛関係にある人だけでなく、

周りの人までも運気を

アップさせると言われています。

あげまん線をもつ人は、

男性を出世へと導き、

自分自身もとても充実した人生を

送れると言われています。

手相の線が消えてしまったり、

終点の枝がふえていたりと、

頻繫に変わる手相でもあります。


あげまん線は手のどこにある?

手相のなかでも、

特に珍しい線と

言われているあげまん線です。

手相で見るあげまん線は、

基本線の一つとされている

「感情線」の終点の枝分かれです。

(感情線は、小指下から始まり、
人差し指や中指方向へ伸びている線です)

感情線の先端部分(終点)が、

三又に分かれている線が一般的ですが、

4つ以上に分かれたものも

「あげまん線」に含まれます。

形状はフォークのようなことから、

「フォーク型の感情線」とも呼ばれています。


あげまん線の見方を間違わないように

枝分かれした線が、「感情線」と

同じように、くっきりと

あらわれているのが「あげまん線」です。

三本に分かれている線であっても、

薄い線や細い線の場合は、

あげまん線ではありません。


手相のあげまん線が意味すること

あげまん線の持ち主は、

相手にある「魅力」や、

誰も気づけていない

「秘めた才能」を引き出し、

「成功へのサポート」をする能力があります。

  1. 広い心を持ち、相手を見守る女性(母性的な一面)
  2. 思いやりの心と愛情の豊かさをもっている
  3. 精神的な自立
  4. コミュニケーション能力が高い
  5. 人を立てることができる
  6. 良い出会い(異性との)が多い


あげまん線が4本ある人の手相の意味は?

一般的な「あげまん線」は、

感情線の先端が三又に分かれていますが、

四又になっている相であっても、

あげまん線になります。

あげまん線がある感情線の先に、

4本の支線であっても、

基本的な意味は、三又と同じになります。

パートナーの運気を高めます。


四又になっている人の手相の意味を、

基本的な三又に

なっている相からの意味で、

見ていきましょう。

  1. 三又(四又)が大きいあげまん線

感情線の先に、

大きくあらわれている三又の場合、

誰とでもうまくやっていける、

とされています。

パートナーは、「恋愛や結婚」を

きっかけに、運勢が好転します。


  1. 三又(四又)が小さいあげまん線

感情線の先に、小さくあらわれている三又の場合、

人とのつながりを大切にします。

パートナーは、秘められた才能が開花しやすく、

あげまん線の持ち主の幸運を受けやすい傾向にあります。


  1. 左手にある四又のあげまん線

相手の思いを自然にくみ取れる

周りの運気を上げる強い能力を、

生まれ持って授かっています。

相手の良さを見抜くことに優れ、

運気をアップさせてくれます。


  1. 右手にある四又のあげまん線

相手への理解、関わる人に

幸せになってもらいたいという

思いの強さをもっています。

人生の中で培われた

性格の結果で得たものが、

「あげまん線」としてあらわれています。

元々の性格的に「あげまん」が

なかった場合でも、その後の行動から

「あげまん」になっていることを示しています。

今後、考え方の変化で

「あげまん線」が消えることもあります。


  1. 両手にある四又のあげまん線

生まれながらにしての幸運体質。

そばにいる人は「才能開花」

「成功」を掴み取れます。

ダブルの効果がある

「最強なあげまん線」です。

元々もっていることに

プラスする幸運、といった

「あげまん」の持ち主です。

幸せになる運をもっていますので、

焦らずに「自分の運気」を信じていてください。


幸せになる運をもっていますので、

焦らずに「自分の運気」を信じていてください。


  1. 濃い線から見る四又のあげまん線

パートナーの運気まで吸い取り、

運気を低迷させてしまう。


枝分かれした先端部分が示す意味

その他にも、様々な

「あげまん線」があります。

  1. あげまん線がさらに枝分かれしている

枝分かれしている先端が、

さらに細分化しているパターンがあります。

体調不良の逃しを示しています。

今現在、体調不良が

あらわれていなくても、

健康管理が必要です。

あげまん線は、恋愛でのことだけでなく、

健康面を暗示する場合もあります。

「規則正しい生活の心がけ」のサインです。


  1. 枝分かれした先の方向が同じ方向に集まっているあげまん線

枝分かれした先が、

同じ方向ばかりに

集まっているパターンがあります。

その場合、「支線が集まっている位置」にある相に

示されている意味合いが、強くなります。


  1. あげまん線の先端が中指根元を指している

中指根元は「土星丘」と

呼ばれている相で、「思慮深さ」です。

この位置に、支線が集まっている場合、

「思慮深さが際立つ」ことを示しています。


間違えやすい手相

  1. 感情線先端付近で、斜め下方向にあらわれている「細い支線」

「慈愛線」と呼ばれている相です。

あげまんとは少し違った意味になり、

心優しい人にあらわれることを意味する線です。

あげまん線とは逆な意味合いもあります。

  1. 困っている人をほっとけず、手を差し伸べる
  2. 少しネガティブ思考

あげまん線にある

「前向きなエネルギー」ではないので、

周りの人を「幸せで包み込む」という

意味合いとは違います。


  1. 感情線先端付近で、斜め上方向にあらわれている「細い支線」

この線が見られる場合、

前向きでプラス思考、

リーダーシップを意味します。

あげまん線との違いは

  1. 自我の強さ
  2. 他者を支えるより自分が輝きたい

あげまん線にある

「相手・周りの人の運気アップ」にはなりません。



手相のあげまん線が4本ある人は最強なのか

手相のあげまん線が4本ある人が、

「最強なのか」と言うと、

枝分かれの数の多さは、

意味合いに大きな差はありません。

三又より四又がより強い、

ということではないのですが、

「コミュニケーション能力」に関しては、

支線の数が多いほど高いとも言われています。


ただ、四又になっている場合でも、

4本に枝分かれしている先で、

新たな枝分かれをしている人は、

心臓に関わる「体調不良」を

示していますので、気を付けてください。


また、4本あるうちの1本であっても、

薄い線があるのであれば、

「恋愛への疲れ」を意味する線となります。

  1. 尽くしていることへの不安
  2. パートナーを好きだけれど寂しい

などの感情があらわれています。

4本ある線を確認してみてください。

せっかくあらわれた「あげまん線」が

薄くなって消えていかないように、

「あなた自身の息抜きも必要」というサインです。

パートナーを高めることが

出来るあなたですが、

自分一人だけ頑張りすぎる傾向がありますので、

気をつけてくださいね。


手相のあげまん線が4本ある人は最強?まとめ

手相のあげまん線は、、

見逃してほしくない手相です。

あげまん線が4本ある人について、

ご紹介しましたが、

ご自分の手相に当てはまるものはありましたか?

あげまん線がある、ということが

珍しいとされているなか、

4本ある人はかなりレアな線でもあります。


あげまん線につながる「感情線」は、

物事の捉え方、考え方、

あなたの感情をあらわしています。

「あなたの思考が現実をつくり」

手相にあらわれます。

手相にあるあげまん線は、

あなたの考え方の変化で、

同じように変化するものです。

あげまん線がくっきりとある方、

薄い線としてあらわれている方、

どちらであっても

「ポジティブ思考」でいてください。


そして、あなたにとって大切な

パートナーの運を高め、

あなた自身も幸せになってくださいね。

前の記事 手相にますかけ線がある確率ってどれくらい?
次の記事 手相のあげまん線とは?見方や効果はどんなの?